- 日本共産党逗子市議団 - http://www.jcp-zushi.jp -

国民救援会 ドキュメンタリー映画「弁護士・布施辰治」上映会

  5月19日、日本国民救援会横須賀支部が、ドキュメンタリー映画「弁護士・布施辰治」の上映と学習会を行ない、岩室議員も参加しました。布施辰治氏は国民救援会の会長も務め、戦前から戦後も一貫して民衆の側の立ち、人権を守る立場を貫いた弁護士です。

 戦前は明治法律学校(現在の明大)を卒業し、検事代理を務め、その後弁護士に。小作争議や労働争議などの弁護活動を行ない、さらに治安維持法による共産党弾圧の中で、自らも治安維持法で投獄もされています。そして三男を治安維持法で逮捕・獄死させられています。

 また、朝鮮独立運動の支援や関東大震災の朝鮮人虐殺の抗議活動なども行ない、韓国政府から日本人で唯一建国勲章を授与されています。

画像「生きべくんば民衆とともに、死すべくんば民衆のために」 布施辰治(ふせたつじ)

 農民出身で、苦学して検事になりながらも、弱者、民衆を守る弁護士になって、国家権力に立ち向かった生涯は、今日の私たちに生き方を問うものではないでしょうか。