- 日本共産党逗子市議団 - http://www.jcp-zushi.jp -

1998年(平成10) 逗子市議選(定数22)の結果 前回から定数が4減の中で、現有2議席から1議席に後退

IMG_0175

告示直前に現職から交代した吉田候補は議席にとどかず、共産党は現職1議席。

4位当選 いわむろ年治 現職3期目 1,162票

26位落選 吉田 晴宣  新人     650票

 現職の団長が不祥事から立候補せず、告示日約1か月前に急きょ立候補の要請を受けた吉田晴宣さんが決意。党と後援会は全力で取り組みましたが、議席を得ることができませんでした。また、選挙本番前の状況は、党内も混乱し、読者・支持者と後援会も憤り、困惑する中で、現職の岩室年治議員も、事実上は1か月前から動き出す事態になっていました。そのため選挙戦の大幅な遅れを取り戻せず、結果として2候補への得票数は、2議席を得られる票を得ながら、選挙本番になると党内外に2議席は難しいと言う見方と心配する声も生まれ、現職へと票が集まり、上位で当選。一方で吉田候補への支持は広がらず、共産党は1議席を失うことになりました。今回、団長の不祥事によって、議席を失い、市民に大変な迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。元団長(元地区副委員長)については、日本共産党三浦半島地区委員会は除名しました。

 今回の結果によって、逗子市議会で、日本共産党は会派も組めず、議会運営委員会から除かれ、交渉権もなくなり、条例・意見書・決議などの議案提案権も得られず、政務調査費も支給されなくなりました。

IMG_0165

■1998年候補者ポスター