日本共産党逗子市議団

〒249-0006神奈川県逗子市逗子5-2-16
TEL:046-873-1111
池子の森と米軍基地問題 議会報告・行政視察

2014年7月30日

池子米軍基地の本設小学校と共同使用予定地を視察

7月30日、逗子市議会が池子米軍基地の視察を行ない、岩室・橋爪議員が参加しました。マイクロバスで池子ゲートで身分証のチェックを受け、トンネルを通り抜け、横浜市側の追加建設予定地(←写真)へ、逗子側に戻り、本設小学校(↓写真・開校は8月末を予定)、低層住宅(スキップ)のモデルハウスを見学し、最後に共同使用予定地を視察しました。

↑完成した米軍の本設小学校、室内見学は完了検査が終了していないためにできませんでした。この場所にはオオタカの営巣地があって、その場所に国と米軍は建設を進めてきました。また、これまで使用してきた仮設小学校は、今後、取り壊されて、スクールバスの待機・駐車場が移転してきます。高学年は、今後引き続き横須賀ベース内にある学校にスクールバスで通うことになっています。下の写真は低層住宅の室内(玄関、トイレと浴室、洗濯機コーナー、キッチン、リビングと寝室、住宅地周辺と公園)です。

CIMG0988

↓池子遺跡群資料館内にある米軍トレーニング室と文化財展示室です。

↓現在のスクールバス駐車場、ペイントボール場(市が設置を検討しているアーチェリー場予定地)、

↓蝶の写真は、環境調査員が捕獲したものです。池と緑地の三枚の写真は、「共同使用」予定地です。米軍住宅建設によって緑地が壊されながらも、「池子の森」には、まだ豊かな自然環境が残されています。

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞

  • JCPWEB

PAGE TOP