- 日本共産党逗子市議団 - http://www.jcp-zushi.jp -

16年1定 予算特別委員会の審査結果 一般会計が修正可決、4特別会計も可決

第1回定例会(予算議会)の予算特別委員会が設置され、委員長に高野毅(市政ク・総務常任委員会委員長)、副委員長に横山美奈(あしたの逗子・教育民生常任委員会委員長)を選出、総務分科会と教育民生分科会に分かれ、3月8日と9日の二日間審査を行ないました。10日は予備日、11日に市長に対する総括質疑を行ない、採決の結果は、一般会計が修正可決、4特別会計は原案が可決しました。各会派の賛否は以下の通りとなりました。

0664 日本共産党は、一般会計予算と下水道事業特別会計予算に対する減額修正案の動議を提案しましたが、賛成少数で否決。二つの議案には反対し、国保・後期高齢者・介護の3特別会計予算に賛成しました。

予算特別委員会の委員構成17人  岩室・橋爪(日本共産党) 菊池・丸山・八木野・桐ケ谷(自由民主党) 高野・長島・匂坂(市政クラブ) 田中・田幡(公明党) 高谷・加藤(維新クラブ) 横山・松本(あしたの逗子) 毛呂・根本(展望逗子)  採決は高野委員長を除く16人で行いました。

【平成28年度一般会計予算】

当初予算は修正可決、住民自治協議会交付金と事務事業総点検経費が減額される。共産党の修正案は否決

議案第25号 平成28年度逗子市一般会計予算 〇賛成多数で修正可決

日本共産党の修正案対する賛否 〇賛成少数で否決

〇賛成2 共産党2

●反対14 自民党4 公明党2 市政ク2 維新ク2 あした2 展望2

■岩室年治議員 修正案の趣旨説明

ただいま議題となりました議案第25号 平成28年度一般会計予算に対する修正案を提案いたします。  最初に、一般会計予算の主な減額修正する部分について、ご説明申し上げます。

歳出について、 2款 総務費 1項 8目 企画費 計画調査費 事務事業総点検事業について、29万6000円を修正するものです。 具体的には、市民の参加による事務事業の総点検とは言っても、それぞれの市民の方が各事業の内容について十分に理解をしていただくには、相当の負担が必要となります。 27年度の実施された結果をみると、参加された方たちが、現行の個々の各事業を十分に理解するには、大変難しく、残念ながら、期待すべき効果が得られたとは受け止めることかできませんでした。 今後、十分な効果を得るためには、市民の過大な負担が伴うことになってしまうととらえ、この事業については、取り組み方法などを再考すべきと判断し、減額するものです。

次に2款 総務費 1項 14目 地域活動費、地域自治システム推進費 地域自治システム推進事業 302万円を修正するものです。 具体的には平成28年度住民自治協議会(準備会)地域づくり交付金と関連経費であります。  住民自治協議会設立に向けた取り組みを見守ってきましたが、システムの制度設計が不十分なことから、一部に混乱が生じていることも事実であり、改めて協議会のあり方を検討すべきと判断し、減額するものです。

次に、7款 土木費 1項 3目 公園費 都市公園管理費 公園内有料運動施設運営事業、あわせて都市公園整備費 池子の森自然公園整備事業について、8702万5000円を修正するものです。 具体的には、野球場グランド砂の補完に伴う経費、800万円は、本来は共同使用以前に整備したのちに、逗子市が維持管理を引き継ぐべきものでありました。また、現状は使用できるとの答弁もあり、財政状況を鑑み、減額するものであります。 次に、外部トイレ兼現場管理事務所の建築工事費、7700万4000円を修正するものです。 合わせると委託料、202万1000円、工事請負費の8500万4000円となります。

歳入については、修正案にあるように、国庫支出金、県支出金、繰入金、繰越金、市債について、それぞれ減額し、合計で9034万1000円を修正するものとなっています。 最後に、議員各位におかれましたは、修正案について、ご理解、ご賛同いただけますようお願いし、提案趣旨説明を終わります。

5会派9人から提出された修正案に対する賛否 〇賛成多数で可決

※横山美奈(あした) 菊池俊一・丸山治章・八木野太郎(自民党) 田中英一郎・田幡智子(公明党) 毛呂武史・根本祥子(展望) 高谷清彦(維新ク)

〇賛成9 自民党3 公明党2 展望2 維新ク1 あした1

●反対7 共産党2 自民党1 市政ク2 維新ク1 あした1

修正部分を除く原案に対する賛否 〇賛成多数で可決

〇賛成14 自民党4 公明党2 市政ク2 維新ク2 あした2 展望2

●反対2 共産党2

【平成28年度の4特別会計予算】

議案第26号 平成28年度逗子市国民健康保険事業特別会計予算 ◎全会一致可決

議案第27号 平成28年度逗子市後期高齢者医療事業特別会計予算 ◎全会一致可決

議案第28号 平成28年度逗子市介護保険事業特別会計予算 ◎全会一致可決

共産党の修正案否決、下水道特別会計を公営企業会計に変える準備経費可決

議案第29号 平成28年度逗子市下水道事業特別会計予算 〇賛成多数で可決

日本共産党の修正案に対する賛否 〇賛成少数で否決

〇賛成2 共産党2

●反対14 自民党4 公明党2 市政ク2 維新ク2 あした2 展望2

■岩室年治議員 修正案の趣旨説明

平成28年度下水道事業特別会計予算の減額修正について、ご説明申し上げます。まず、歳出について、1款、下水道費 1項 1目 総務管理費 総務管理事務費 公営企業会計移行準備事務費、1226万3000円です。具体的には、国が推し進めようとしている公営企業会計でありますが、公営企業会計導入の意図は、資産や財政などの透明性を高めるとしていますが、結果として、今後、市民への負担増につながる恐れもあり、導入に当たり慎重な対応を求める立場から反対し、減額修正するものであります。歳入については、繰越金、市債について、減額するものとなっています。議員各位におかれましたは、修正案について、ご理解、ご賛同いただけますようお願いし、提案趣旨説明を終わります。

※3/14 委員会構成と賛否の一部訂正をしました。お詫びします。