日本共産党逗子市議団

〒249-0006神奈川県逗子市逗子5-2-16
TEL:046-873-1111

いわむろ年治


青い海とおばあちゃん

海の家での写真 私は、1959(昭和34)年2月12日、横浜市金沢区町屋町に、父金治と母年子、兄治朗、姉まや、三人兄弟の末っ子として生まれ、貧しくとも明るい家庭に育ちました。祖父母は、逗子海岸で海の家「末廣」を営業していたことから、毎年夏休みは祖父母と過ごしました。私の心には遠くに望む富士と江ノ島の姿と穏やかな青い海が焼きつき、人一倍逗子の海を愛するようになりました。

私は、母から戦争の話、祖母は貧乏の苦労、兄からもさまざまな影響を受けました。その母と兄を十代で、その後祖母も続いて亡くしたことは、非常にショックでした。しかし、人は悲しみや苦労を背負って生きているものであることを知り、今の私の生き方やどんな人にも偏見なく接し、行動するルーツはここにあります。

高校時代はサッカー部のキャプテン

サッカー部の時の写真私は中学・高校の6年間をサッカーに打ち込み、高校時代はセンターハーフ、キャプテンとしてチームをまとめ、リーダーとして頑張りました。毎日の練習に欠かさなかったことは、ねばり強さやスポーツマンシップ、指導力を身につけた6年間でした。

手話サークルで心のふれあい・感動・成長

ひまわりの会の写真 私は、高校3年から手話サークル(ひまわり会)の活動を通じて、障がい者のみなさんの心にふれ、社会の矛盾に目覚めるとともに障がい者の社会参加を真剣に考えるようになりました。将来に不安を抱え、迷っていた私にとって、家族以外のサークルの仲間に暖かく支えられた体験は、私に人の優しさと思いやりを学ばせてくれました。また、幼い子が両親に手話で話しかけている姿をみて感動し、誰でも不自由を感じさせない社会が必要という思いを強くしました。

青年運動・平和運動のなかで日本共産党へ

池子米軍住宅建設反対運動の写真 高校卒業後、祖母と同居するために逗子へ転居。働くなかで社会の矛盾をますます強く感じ、19歳で日本民主青年同盟(民青)に加盟し、20歳で日本共産党に入党しました。民青の副委員長として、多くの青年とともに学び、要求運動に取り組み、空母ミッドウエーをはじめとして核艦船の母港化反対闘争や池子米軍住宅建設反対運動、そして原水爆禁止運動へ積極的に参加しました。

署名活動の写真 池子弾薬庫全面返還運動では、毎月第2日曜日の「池子全面返還要求の月例デモ」にも79年から参加、87年からは事務局長として運動を引き継ぎ、今日まで続けています。また、原水協の事務局も兼任し、平和更新や世界大会代表派遣に取り組んできました。逗子市は「青い海とみどり豊かな平和都市」宣言を掲げています。池子基地全面返還は市民の悲願でもあり、その実現にむけて引き続き全力をあげています。

商工業者の営業とくらしを守って

街頭演説の写真 私は、建築会社に勤め、重層的な下請け制度を知り、長時間労働など無権利な職場を自ら経験してきました。その後、三浦市の民主商工会の事務局員で、営業や税金の相談を受け、約4年間働くなか、一部の大企業は法人税も払わないのに、一方で自家労賃も認められない商工業者のみなさんの重税、その苦労を肌で感じてきました。とりわけ不当な税務調査をゆるさず、消費税導入反対運動などのくらしと営業を守る取り組みを会員さんと取り組みました。

みどり・平和・市民自治の市政の実現をめざして

子どもたちとの写真 初めての市議会議員への挑戦は、86年、27歳の若さで告示1週間前に決意、残念ながら惜敗しました。90年以降は、連続当選してきました。逗子市政にとって80年代は池子米軍住宅建設問題で市民を二分する議論が展開され、まさに激動の時代でした。受け入れ後の現在も具体的返還の進展もなく、逆に米軍小学校計画などの追加建設が浮上、新たな対応が求められています。また、自然・住環境を守れの声は市民全体のものとなって、良好な都市環境をつくる条例やまちづくり条例制定とつながってきました。私の公約である「みどり・平和・市民自治」の市政とは、環境保全・接収地の返還・情報公開と市民参加による市民が主人公である市政をめざすことであり、これからも議員活動における政策と行動の原点になっています。

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞

  • JCPWEB

PAGE TOP